【超便利!】おすすめの猫用自動トイレ7選[2021年最新版]

トイレ

猫の自動トイレがどんどん進化しています!

 

ここ数年で、一気に注目を集めている自動トイレ。

気になっている人も多いのではないでしょうか。

 

でも、自動トイレと聞いてまず思うのは、

「値段が、相当高そう・・・」
 「猫ちゃんが、機械の中に入って、ホントに大丈夫?」

 

という不安や、

 

「自動って、どこまで自動なの?」
「どうやって処理してるの?」
「ニオイは大丈夫?」

といったような仕組みに対しての疑問があったり・・・

 

ここではそんな疑問に答えるべく、徹底的に解説します。

 

【ここでわかること】

  • 自動トイレの仕組みについて
  • 自動トイレ7種類の特徴や価格を徹底的に比較!
  • 自動トイレの砂、消臭剤、ライナー(排泄物用の袋)など消耗品の価格と、ひと月当たりにかかるコストの比較
  • イチオシ!の自動トイレ

 

2021年3月23日現在、販売されている自動トイレ」7製品交換用の消耗品についても徹底比較しました。

多頭飼いでトイレの処理に追われている仕事で長時間不在になることが多い、そんな方たち必見です。

 

すぐに自動トイレ比較結果を知りたい方は↓「考察」へ!

イチオシ!の自動トイレは↓「まとめ」を参考ください。

 

スポンサーリンク

最近の自動トイレの仕組みや特徴は?

比較の前に、自動トイレの最近の特徴を調べてみました。

 

自動トイレの歴史は意外にも古く、実は10年以上も前から発売されています。

しかし、価格が高く、当初はなかなか普及にまで至らなかったようです。

 

上でも紹介しましたが、自動トイレの基本的な仕組みは挙げてみると…

  • 本体の形はほとんどがドーム型(球体)
  • ベントナイトなど、固まるタイプの猫砂を使用。
  • くし型のアームで砂をすくう、または内部が回転して固まった砂や排泄物を分別
  • 猫が入ってきたことをセンサーで感知
  • 感知したことを起点に、一定時間後に排泄物の処理を開始(時間設定可能な機種もあり)。
  • 万が一猫が侵入しても、センサーが感知して即動作ストップ
  • 排泄物は、本体のダストボックスに収容。1週間に1回程度の頻度で捨てる
  • 体重や尿量、トイレの回数など健康データの表示・記録する機能スマホ連携機能などの付加価値のある製品もあり。

 

トイレというよりは、もはや家電の部類ですね。

自動トイレの使い方の一つとして、旅行等で長期不在するときなどに、「自動給水器」や「自動給餌器」と組み合わせて、病院やホテルに預けずに住み慣れた自宅環境で過ごさせる。 といったメリットもあるんですよね。

 

自動トイレのメリット・デメリットは?

自動トイレのメリット

  • ニオイが気にならない。
  • いつでもキレイなので、気持ちよくトイレできる。
  • お手入れがめっちゃ楽。
  • 体重、トイレ回数など、健康管理できるものもある。

 

自動トイレのデメリット

  • 価格がまだまだ高い・・・
  • トイレの動作に驚いて、猫ちゃんが入らなかったら・・・気に入らなかったら・・・
  • 安全性は保証されているものの、なんか心配・・・

 

もうひとつ、「自動化」によるメリット

トイレの自動化に合わせて給餌器や『給水器』も自動にすることで猫ちゃんにとっても飼い主にとっても大きなメリットが生まれます

 

  • 毎日決まった時間、決まった量の食事が与えられて、体重管理など健康的な生活に。
  • いつも新鮮な水、食事、きれいなトイレで、猫ちゃんのストレスが減る。
  • 飼い主の心配も減る。
  • 外出や宿泊時にもカメラ付きの給餌器なら家の様子を確認できて安心。

 

「おすすめの自動給餌器」については、以下記事で詳細を解説しています。
関連記事:【便利!決まった時間にごはん】2021年版おすすめの自動給餌器23選
「おすすめの自動給水器」は、以下記事で詳細を解説しています。
関連記事:【いつでもキレイな水を!】おすすめの猫用自動給水器9選ぜひ、参考にしてみてください!

 

 ここまでで、もし「自動までは必要がない」と思われる方は、猫トイレのスタンダード「システムトイレ」について徹底的に比較しています。下のリンクを参照してみてください。
関連記事:【猫トイレのスタンダード】2021年版おすすめシステムトイレ9種を徹底比較!

 

おすすめ最新自動猫トイレ7選

それではここから、具体的に自動トイレ各製品について紹介していきます。

すべての製品の比較一覧を見たい方はこちら↓から飛べます

自動トイレ比較一覧へ

 

なお、砂の使用量やお手入れの頻度などすべて、猫1頭分の値です。

猫用自動トイレ ペッツリーPETREE

created by Rinker
¥59,800(2021/09/16 15:39:08時点 楽天市場調べ-詳細)
2020年2月発売。
<処理の仕組み>
本体内部が回転、塊をふるいにかけてダストボックスへ移動。1.5~10kgまでの猫に使用可能。
<使用できる砂>
固まる鉱物系(ベントナイト)小粒状タイプ。おから、シリカゲル、固まらない木のチップは不可。

【おすすめポイント】

  • トイレに入るとリアルタイムで体重表示(ただし通信機能はなし)。
  • 猫がトイレをでてから30秒後に清掃処理開始。
  • 機会作動中でも動体感知センサーにより、体重の軽い猫でも感知して動作停止。
  • 4Lダストボックスで1週間お手入れ交換不要
  • 回転台以外は水洗い可能。
  • 特許取得の安全な排泄処理技術。排泄物が落ちる部分が底面ではなく側面に設置することで、猫の落下を未然に防ぐ。
  • 排出口を軸に回転するので、排出口と回転ボールの間に猫が挟まり、怪我をする恐れがない

キャットロボット サークルゼロ circle-ZERO

created by Rinker
¥77,000(2021/09/16 15:39:08時点 楽天市場調べ-詳細)
2019年8月に発売。
<処理の仕組み>
くし形のアームが回転しながら固まった砂をすくってより分け、ダストボックスへ移動する。1台当たり2頭までの猫に使用可能。
<使用できる砂>
「PULFINO SOY PLAIN おからの猫砂」トイレへ捨てられるタイプ。その他、鉱物系の砂(砂状)、鉱物系の砂(大粒、円筒状)、おから、木製。紙製は不可。

【おすすめポイント】

  • 固まった汚物だけをすくい落すので砂の消費量が少ない
  • ベース以外は水洗い可能。
  • 清掃処理は猫を感知してから7分後に自動清掃。
  • 物体感知センサーにより体重の軽い猫でも感知して動作停止。
  • 球体で機能性、デザイン性に優れた最先端の自動トイレ。

 

自動ネコトイレ キャットリンク CATLINK SCOOPER

created by Rinker
¥59,950(2021/09/16 15:39:08時点 楽天市場調べ-詳細)
2020年4月発売の高性能な新型モデル。
※2021年8月6日より、商品名が「CATLINK」から「CATLINK SCOOPER」に変更。ただし製品自体の変更なし。
<処理の仕組み>
本体内部の回転によりふるいにかけ、排泄物をコンテナに移動する。専用のビニール袋巾着式で排泄物を捨てる。1kg以上3頭までの猫に使用可能。ただし個体識別可能な体重差は±200gまで。
<使用できる砂>
セリームバイオサンド グリーン、BOXIE CATシリーズ、固まる鉱物系砂。

【おすすめポイント】

  •  トイレに入った時間、体重がリアルタイムでスマホへ通知個体ごとにデータをグラフ化する。
  • 家族みんなのスマホ登録して、猫の行動を確認。
  • 13Lダストボックスがいっぱいになったらアプリで通知。
  • 活性炭フィルタ付属でニオイを軽減。
  • 清掃処理の設定時間は1分・3分・5分・7分・10分から選択可能。
  • ドーム回転中に猫が侵入した場合は物体感知センサーにより緊急停止

 

LavvieBot S自動洗浄猫トイレボックス

created by Rinker
¥119,634(2021/09/15 23:23:17時点 楽天市場調べ-詳細)
2020年9月発売の新型モデル。
<処理の仕組み>
モーター駆動のくし形のセパレータが排泄物を分離して、コンテナに落とす。1kg以上2頭までの猫に使用可能。ただし個体識別可能な体重差は±700gまで。
<使用できる砂>
セリームバイオサンド グリーン、サスティナブリーユアーズMulti-Cat Plus(ブラジル製、キャッサバ、トウモロコシを原料とした天然素材猫砂)。

【おすすめポイント】

  • 5.5L大容量トレイで3週間に一度のクリーニング
  • 砂を事前に6.5L入れておけば、最大3週間、砂を自動補充される。
  • 清掃処理の設定時間は10分・20分・30分・40分・50分・60分から選択可能。
  • トイレに入った時間、回数、滞在時間、体重、温湿度、補充砂の量などがリアルタイムでスマホへ通知。
  • さらに体重は日/週/月ごとにグラフ化してくれる・
  • ゲル消臭剤によって臭いを中和、脱臭剤は最大93.9%のアンモニアを吸収する。
  • 侵入時、赤外線センサーによりセパレータを安全に格納。

 

キャットロボット Open Air オープンエアー

created by Rinker
¥65,780(2021/09/16 15:39:09時点 楽天市場調べ-詳細)
2016年発売以来、販売累計5000台以上の実績あり。
<処理の仕組み>
本体内部のドームが回転、固まった猫砂や排泄物だけを下側のコンテナに落とす。
2.3kg以上の3頭までの猫に使用可能。
<使用できる砂>
セリームバイオサンド グリーン、固まるタイプのもので粒サイズは5mm以下の鉱物系猫砂。

【おすすめポイント】

  • 内部ステップ部分に内蔵されたセンサーが感知し清掃開始。
  • 清掃処理の設定時間は3分・7分・15分から選択可能。
  • 緊急停止するセンサー内蔵で猫が入ってもドームの回転をストップ。
  • 全ての砂を入れ替えは1ヶ月に1回
  • 販売累計5000台以上の実績、お手入れ簡単開放型全自動洗浄トイレ

スクープフリー ScoopFree Ultra

<処理の仕組み>
電動くしが水平に移動して、砂をかき分けて排泄物をカバー付きのボックスへ移すシンプル構造。1台当たり2頭までの猫に使用可能。
<使用できる砂>
トレーとセットの「シリカゲル専用砂」を使用。

【おすすめポイント】

  • トイレに入った回数をカウントするヘルスカウンター。
  • 清掃処理の設定時間は5分・10分・20分から選択可能。
  • シリカゲルねこ砂がおしっこを素早く吸収、ウンチを乾燥させます。
  • お手入れは、1週間に1度、猫砂をかき混ぜるだけ。あとは20~30日に1度ねこ砂トレーセットを交換

 

自動ネコトイレMOME(モーム)

created by Rinker
¥55,000(2021/09/15 23:23:18時点 楽天市場調べ-詳細)
2020年12月発売の最新商品。
2021年7月の仕様変更により、安心で使いやすく。
<処理の仕組み>
猫がトイレからでて2分後に本体内部が回転、塊をふるいにかけてダストボックスへ移動。体重1kg~5kg程度、1台につき2頭までの猫に使用可能。生後6か月未満は使用不可。
<使用できる砂>
短時間でしっかり固まる鉱物系猫砂。
おから、シリカゲル、固まらない木のチップは不可。

【おすすめポイント】

  • 重量センサーにより、トイレ使用のときのみリアルタイムで体重表示
  • シンプルで見やすい表示。
  • 従来の自動トイレが処理サイクルに1回転以上要するのに対し、MOMEは1回転で処理可能。
  • 最大容量6Lコンテナ(ダストボックス)
  • パーツごとに分解してお手入れがてき、上部のドームは水で丸洗可能。
  • コンテナが排泄物でいっぱいになるとライトが点滅してお知らせ。
  • 動体センサーおよび重量センサーによりドーム回転中に入り口付近に近づいたり、内部にネコちゃんが侵入して重量を感知した場合、すぐに停止。ドーム内の排泄ポートとコンテナの間に異物が挟まった場合もすぐに動作停止。

 

自動トイレ比較一覧

今回紹介した自動トイレの本体価格とサイズ、特徴を比較します。

 

メーカー
*****
aabluepigaaaPLUTO ElectronicsShanghai catlink
intelligence 
PurrSong,Inc.Automated Pet CareProductsaaPetSafeaaTaizhou Huangyan Yiyun Furnishing Co.,Ltd.
品名ペッツリーサークルゼロキャットリンクスクーパーラビィボットsオープンエアスクープフリーMOME(モーム)
外観
本体価格(最安値)59,800円77,000円59,950円119,634円66,000円22,400円54,500円
レビュー動画
発売時期2020年2月2019年8月2020年4月2020年9月2016年5月2020年2月2020年12月
サイズ
幅x奥x高(cm)
58.7 x 62.4
x53.7
60.0 x 63.0
x 55.0
58.0 x 60.0
x 71.0
49.5 x 58.2
x 70.4
62.0 x 68.0
x 74.0
48.2 x 69.5
x 42.5
65.0 x 63.0
x66.0
本体重量7.5kg11.8kg11.1kg27kg10.5kg10.2kg7.5kg
生産国中国韓国中国韓国アメリカアメリカ中国
使用制限※2
1.5~10kg2頭まで1.5kg以上
3頭まで
1kg以上
2頭まで
2.3kg以上
3頭まで
生後6ヵ月以上
2頭まで
1~4,5kg
2頭まで
安全性動体感知センサ動体感知センサ重量センサ重量センサ&動体感知センサ重量センサ
動体感知センサ重量センサ&動体感知センサ
夜間動作おやすみモードスリープモード動作音26.5dBスリープモード
排泄物容量4.0L2.3L13Lまで5.5L6L6.0L
ダストボックス
掃除
頻度※2
1週間ごと1週間ごと2,3週間ごと1ヵ月に1回
全ての砂交換
トレー交換
20~30日毎
本体お手入れ頻度1週間に1度2週間に1度推奨こまめな掃除を推奨
トレーは水洗い可ドームは水洗い可能ほとんど
不要
スマホ連携ありあり
通信機能WiFi環境必要WiFi環境必要-※3

※1 使用制限は1台あたり

※2 お手入れの頻度はすべて猫1頭分での値です。

※3 Wi-Fiボタンが付いていますが、Wi-Fi機能は未実装です。

自動トイレ消耗品等の1ヵ月あたりのコスト比較

消耗品関連にかかる、1ヵ月あたりのコストを比較しました。

専用または推奨砂のコスト(a)

品名ペッツリーサークルゼロキャットリンクラビィボットsオープンエアスクープフリーMOME(モーム)
砂品名鉱物系の砂SOY PLAIN
バイオサンドバイオサンドバイオサンド----バイオサンド
価格405円
/8L
1,320円
/4L(2.4kg)
1,760円
/6L(7.5kg)
1,760円
/6L(7.5kg)
1,760円
/6L(7.5kg)
----1,760円
/6L(7.5kg)
砂代/1ヵ月
 a (※3)
0,506円3,300円2,933円2,933円2,933円0,000円2,933円

※3 砂の使用量は、猫ちゃんの年齢、大きさ、また砂の種類によって異なるため、ここでは比較のため条件を統一して、ひと月あたり一律10L使用すると仮定して算出しています。

交換用消臭剤のコスト(b)

品名ペッツリーサークルゼロキャットリンクラビィボットsオープンエアスクープフリーMOME(モーム)
品名消臭活性炭
消臭キューブ
2ヵ月に1回交換
----活性炭フィルタ
1セット2枚
3ヵ月に1回交換
専用消臭剤
2セット4個
2ヵ月に1回交換
専用フィルター
3枚入り
1ヵ月に1回交換
ねこ砂トレー
3セット
1ヵ月1セット
----
価格1,980円0,000円1,540円4,400円2,570円8,739円0,000円
消臭剤/1ヵ月
b
990円 0,000円513.3円   1,100円856.7円  2,913円0,000円

 

交換用専用ライナーのコスト(c)

品名ペッツリーサークルゼロキャットリンクラビィボットsオープンエアスクープフリーMOME(モーム)
品名専用ライナー
3ロール
(60枚)
----専用ライナー
20回分/1ロール
専用ライナー
25枚
専用ライナー
100枚
----専用ライナー
3ロール
(60枚)
価格1,980円----1,100円1,045円5,890円----3,300円
袋代/1ヵ月
c(※4)
132 円
(4枚/月)
0,000円220
(4枚/月)
55.7円
(1枚/3週)
235.6
(4枚/月)
2,913 円220 円
(4枚/月)(※5)

※4 専用ライナー(汚物袋)はダストボックスのお手入れ頻度ごとに1回(1枚)交換するものとしました。

※5 MOMEのライナー交換コストは、お手入れ頻度のメーカー記載がないため、ペッツリーと同じ「1週間に1度」と仮定して算出しました。

 

消耗品ひと月あたりのトータルコスト(a+b+c)

品名ペッツリーサークルゼロキャットリンクラビィボットsオープンエアスクープフリーMOME(モーム)
 1ヵ月あたり
総コスト
1,628円
※考察参照
3,300円3,667円4,089円
4,026円2,913 円3,153円

 

↑自動トイレ比較一覧へ戻る

 

交換用オプション(消耗品)について

ここからは、今回取り上げた自動トイレで指定されている「交換用シート」や「交換用猫砂」を購入できるリンク先を紹介します。

それぞれの最新価格はリンク先をご確認ください。

また、自動トイレ全般の比較結果は考察を、そして私の個人的なオススメ!はまとめを見てください。

ブルーピッグ PETREE ペッツリー 交換用オプション

猫砂 鉱物系

 

猫砂 おから

created by Rinker
¥3,881(2021/09/16 16:06:59時点 楽天市場調べ-詳細)

 

猫砂 木系

created by Rinker
¥780(2021/09/16 16:06:59時点 楽天市場調べ-詳細)

 

PETREE ペッツリー用 消臭キューブ 消臭剤

 

PETREE ペッツリー用 ダストボックスにぴったりサイズ うんち袋 3ロール(60枚)

 

キャットロボット サークル0 circle-ZERO

指定猫砂 PULFINO/パルフィノ ソイプレーン/ソイグリーン

 

自動ネコトイレ CATLINK SCOOPER

指定猫砂 セリームバイオサンド

指定猫砂 BOXIE CAT

created by Rinker
¥3,080(2021/09/15 23:31:20時点 楽天市場調べ-詳細)

 

CATLINK 専用フィルター 2枚入り

created by Rinker
¥1,540(2021/09/15 19:45:53時点 楽天市場調べ-詳細)

 

CATLINK 替えライナー 20枚組

created by Rinker
¥1,100(2021/09/15 23:31:21時点 楽天市場調べ-詳細)

 

LavvieBot S自動洗浄猫トイレボックス

指定猫砂 セリームバイオサンド

 

指定猫砂 サスティナブリーユアーズMulti-Cat Plus

created by Rinker
¥2,640(2021/09/16 07:20:42時点 楽天市場調べ-詳細)

 

LavvieBot S 専用消臭剤

created by Rinker
¥4,400(2021/09/16 07:20:42時点 楽天市場調べ-詳細)

 

LavvieBot S 専用ライナー

created by Rinker
¥1,045(2021/09/16 07:20:42時点 楽天市場調べ-詳細)

 

キャットロボット オープンエアー OPEN AIR

指定猫砂 セリームバイオサンド

 

オープンエアー 専用 活性炭フィルター 3枚入り

 

オープンエアー 専用 替えライナー 50枚入

キャットロボット オープンエアー 専用パーツ (替えライナー 100枚入)

 

スクープフリー ScoopFree Ultra

スクープフリー 交換用ねこ砂トレーセット クリスタルブルー

 

自動ネコトイレ MOME モーム

指定猫砂 セリームバイオサンド

指定猫砂 BOXIE CAT

created by Rinker
¥3,080(2021/09/15 23:31:20時点 楽天市場調べ-詳細)

 

MOME 替えライナー 15枚組×3ロール

 

↑自動トイレ比較一覧へ戻る

 

考察(比較結果)

コストを抑えるために

自動トイレでは、ほぼ指定の砂を推奨しています。

固まった砂を確実に分離するため、しっかりと固まらなくてはいけないことや、ニオイがダストボックスから漏れないために、脱臭力の高い砂が必要なためです。

比較表のランニングコストで「PETREE ペッツリー」のみ、少ない値になっているのは、PETREEでは砂の指定がなかったことで、今回は鉱物系(ベントナイト)の固まるタイプで、極力安いもので算出したためです。

これにより、指定の砂よりも1/5程度まで抑えることができます。

当然、他の自動トイレでも安い砂を選ぶことでコストは抑えられますが、セリームなどの砂はイタリア産の、吸収性、脱臭性、凝固性が高いことで有名です。

当たり前ですが、便利さや性能はコストとのトレードオフということでしょう。

安い砂から使ってみて、ニオイがするようなら、他を試してみてはいかがでしょうか。

2020年12月に発売となった最新自動トイレ「MOME モーム」は、スクープフリーを除くドーム型の中では本体価格が最も安くなっています。
シンプルなデザイン、機能で、「設定なしですぐ使い始められる!」が売りとなっています。余計な機能を付けないことで、コストを抑えているようです。
ただし、操作部分に「Wi-Fi」マークの付いたボタンがあるのですが、現在のところダミーで未実装とのこと。将来的にはスマホ連携ができるようになるのでしょうか?
シンプルゆえ、脱臭機能はついていません。メーカー資料には、お手入れの頻度の記載なく、「こまめな手入れが必要」となっており、別に脱臭剤を用意するなど、ニオイ対策が必要かもしれません。

 

自動トイレの機能

自動トイレの機能は、1週間程度はまったく手を掛けなくてもいいように、自動でダストボックスへ排泄物を分離してくれます。

ダストボックスが大きく、脱臭能力に優れたトイレだと、2週間から1ヵ月まで処理しなくてもよいようになっています。

1ヵ月ごとの処理でよいのは「スクープフリー ScoopFree」のトレーごと交換するタイプです。

シンプルな構造のため、本体価格が圧倒的に安く本体も丸洗いなどの必要がないのは本当に便利です。

ただし、デメリットは「猫砂トレーセット」が高いのと、唯一フルカバーではなくオープンなため、フルカバーになれてしまった猫ちゃんには気に入ってもらえないかもしれないところでしょうか。

他にはない機能を持っているのが、新製品の「LavvieBot S」です。

他の自動トイレより優れているのは、

  • あらかじめ砂を蓄えておけて、3週間程度、砂の補給を自動で行ってくれる機能を搭載。
  • 固まる砂であれば、鉱物系もしくはおからやトウモロコシなどの穀物系でも使用可能。
  • ダストボックスが6.5Lと大容量なので、お手入れも2~3週間に一度
  • 消臭フィルタが活性炭ではなく、ゲル消臭剤を使用するので、消臭効果は高いと思われます。
  • スマホ連携、猫の健康管理機能(体重、回数、時間)だけでなく、温湿度も測定して、スマホで確認できる。

ただし、販売したばかりのため、本体の価格がずば抜けて高いのが難点・・・

今回紹介した7機種中、通信機能付きでスマホで管理できるのは上の「LavvieBot S」
「CAT LINK キャットリンク」です。CAT LINKもトイレに入った時間、体重、トイレの滞在時間がリアルタイムで通知され、個体ごとにデータをグラフ化してくれます。

 

デザインについて

スタイリッシュな球形デザインタイプは5種類あり「PETREE ペッツリー」、「SIRCLE 0 サークルゼロ」「CAT LINK キャットリンク」「OPEN AIR オープンエアー」「MOME モーム」です。

これらは球体の特徴を生かした回転機構で排泄物を選別します。

スターウォーズの「デススター」やドラゴンボール、ベジータの宇宙船「宇宙ポッド」を思い出すのは私だけでしょうか?ww

 

安全性について

2年以上前に、「リッタースピナー」という自動トイレで死亡事故がありました。

『大阪ねことこ』田中さんがされているアメブロに以下の記事が紹介されています。

参考記事:保護猫の室内事故死

 

本体が倒れるという、構造上の問題と思われますが、果たして原因調査は行われているのかどうか?

アマゾンでは購入できませんが、楽天やyahooでは今でも買えてしまいます。

 

安全対策について今回紹介したトイレは、すべてセンサーが搭載されていて、猫が侵入したときに停止するようになっています。

また、事故やケガの投稿などはまったく見つかりませんでした。

PETREEが売りにする、「特許取得の安全な排泄処理技術」は、おそらくフェールセーフ(多重の安全性)だと思うのですが、特に安全性を求めるならPETREEでしょう。

 

自動トイレの口コミ

最後に、自動トイレを使っている人たちの口コミを集めてみました。

いい口コミと悪い口コミに分けています。購入される方は参考にしてみてください。

<いい口コミ>

  • 後始末が格段に楽。
  • キレイな砂が保たれていて猫たちも気持ちいいだろう。
  • トイレ掃除が楽になった。
  • 今まで毎日朝晩のトイレの片づけから解放されました。
  • うたい文句の通り、まったく匂いがしません。
  • トイレ周りのにおいが気にならなくなった。
  • 気兼ねなく外出や旅行ができるようになった。
  • トイレが常に清潔なためか、猫たちのトイレ回数が増えたように思えた(多頭飼いだとより実感)。
  • あっさりと中に入っていって用を足してくれました。
  • なによりアプリが秀逸。家にいなくても愛猫の体調管理ができるのが嬉しい。
  • 掃除の際に回る音はそこまで大きな音ではありませんが、
    物凄く反応して2匹とも必ず見に来るので面白いです。
  • 消臭効果が高く、一匹では1ヶ月ほどは持つ(SCOOP FREE)。

 

<悪い口コミ>

  • 猫砂が飛び散る。
  • ちょくちょくエラーが出て止まる。
  • 便利になる分だけお金が掛かってしまうという典型的なトイレ。
  • 使用できる砂が決まっていることがやや不便。
  • 出入口が高いこと。
  • 入口が高いところにあるので高齢猫や太った猫要注意。
  • 注意点としてはとにかくサイズが大きい。
  • きちんとサイズは確認してから購入した方がいい。
  • 全自動トイレから聞こえるモーター音に猫が怖がってしまう。
  • すごく便利ですが砂が1種類しか使えないのとやっぱり匂いはします。
  • 購入して1ヶ月以上経ちましたが2匹とも使用してくれません。
  • かなり本体が大きいので、置き場所を考えなくてはいけない。
  • 本体をお手入れするのに分解しなくてはいけない。
  • 交換トレーが高い。

 

↑自動トイレ比較一覧へ戻る

 

まとめ

個人的には、家を不在にしたときなどにスマホで確認できるものが絶対に便利、と思っています。

そうなると、「CAT LINK」「LavvieBot S」のどちらかになりますね。

しかし「LavvieBot S」は本体重量が他の自動トイレの2倍以上の重さがあって、価格がまだまだ高いです。

昨年末、発売となった「MOME モーム」は2021年7月に仕様変更があり、安心で使いやすくなったようです。また、本体価格が安いのはとても魅力ですね。

そうすると「CAT LINK」がおすすめです!

 

これからは、体重やトイレ回数などの健康管理を”スマホ連携できる”というのが一般的になってきそうです。

スマホ連携は、自動トイレでなくてもシステムトイレにも導入され始めています。

また、自動給餌器にもスマホからカメラでモニタ出来るようになってきていています。

これからは家電と同じように、スマホ連携が当たり前の機能になってくるのではないでしょうか。

というわけで、おうちと猫ちゃんの状況にあわせた、自動トイレを選んでください!

 

↑自動トイレ比較一覧へ戻る

 

★★普段、家を空けることが多い飼い主さんへ

トイレだけでなく、えさやり、水飲みも自動化することで飼い主さん、猫ちゃんにもメリットが生まれます!
「おすすめの自動給餌器」については、以下記事で詳細を解説しています。
関連記事:【便利!決まった時間にごはん】2021年版おすすめの自動給餌器23選「おすすめの自動給水器」は、以下記事で詳細を解説しています。
関連記事:【いつでもキレイな水を!】おすすめの猫用自動給水器9選ぜひ、参考にしてみてください!

 

コメント

  1. 猫マウンテン より:

    circle 0使用者です。
    清掃時間の設定は3分、7分、15分から選択可能とありますが、サークルゼロは清掃時間の設定が出来ません。7分固定となっております。

    • chococochococo より:

      猫マウンテン様

      管理者のchococoです。
      この度は、記事内容のご指摘いただきまして、ありがとうございます。

      以下のとおり修正いたしました。
      「清掃処理の設定時間は3分・5分・7分から選択可能。」
      →「清掃処理は猫を感知してから7分後に自動清掃。」

      今後とも「【ねこしっぽ】猫との暮らし方」をよろしくお願いいたします。
      ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました
// 使用していないJavaScriptの削除のためのAdsense遅延読込み20210819