【賃貸・初心者・一人暮らし必見!】猫を飼うための極意!!

猫を飼うには
 

猫、ほしいな・・・

 

 

と思いたった時・・・

 

 

家が賃貸だからなぁ・・・

 

 

初心者には飼うのは難しいかな?

 

一人暮らしで、面倒見るのは無理だよなぁ…

 

 

なんて心配、ありますよね。

 

他にも、どれくらい費用が掛かるんだろう?とか、

何を準備すればいいのか?とか・・・

 

でも猫を飼おうと思ったときに、一番心配なことって、

「本当に、最期まで面倒見れるかな???」

ということではないでしょうか。

 

だから、なかなか踏ん切りがつかない。。。

その不安、当然だと思います。

ペットと言えど、生命ですから生半可な気持ちでは育てられません。

 

ここでは、

・飼うために何が必要で、どんなお世話をしなくてはいけないのか?

だけでなく、

・飼うことによって、今の生活がどんなふうに変わっていくのか?

というところまで踏み込んで、みなさんの不安や疑問を明らかにしていこうと思います。

生活スタイルによっては、飼うことが難しい・・・と判断することになるかもしれません。

 

これから、まさに今「猫を飼いたい!!」

と考えている方の参考になればうれしいです。

 

【ここでわかること】

猫をどこから迎えいれればいいの?
一人暮らしでも飼える?
猫を飼うのに何を準備したらいいの?
どれくらいの費用がかかるの?
実際に飼ってみて、本当に大変なことは?
飼ったら旅行できなくなる?

 

スポンサーリンク

猫を飼うための必須条件

猫を飼うために守らなくてはいけないこと、それは

 

  1. 毎日決まった時間に食事や水を与える
  2. トイレを常に清潔にたもつ
  3. 怪我や病気のときに病院に連れていく
  4. 猫を飼える住居である
  5. 常に愛情を注ぐ

 

当たり前のことなんですが、やっぱり猫と暮らすのは、ハードルが高そう・・・?

私たちも生活している以上、完璧にこなすことは難しいかも?

 

実際飼っている私も、完璧にこなすことはできません。。。

  • 1日中猫と一緒にいられる飼い主はなかなかいない
  • 2日以上家を空けるとしても、対応手段はある
  • 医療費が心配なら、保険に加入する
  • 高いおもちゃに食いつくとは限らない!おもちゃや遊び物は手作りでOK!
  • 賃貸でもキャットウォークは設置できる
  • いつでもキレイな状態を保てる水やりがある
  • 室内が狭くても、高さ方向に動ければ大丈夫

ここで、賃貸物件に関しては、当たり前ですが、ペット可(猫を飼ってもいい)が前提です。

近年のペットブームで、ワンちゃん猫ちゃんを飼うことができる賃貸物件が増えています。

しかも、猫専用の、キャットウォーク付きの物件があったりして、猫好きにはうれしい限り!

必ず、猫を飼ってもよい物件であること、そして壁や床に傷がついたときの修復条件なども確認してくださいね。

 

その他、賃貸物件にキャットウォークを設置するための裏技など、下の方で詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

 

猫を飼うために一番必要なことは、「猫を愛する気持ち」 です。

そしてそれは、猫との生活が長くなればなるほど、猫からの愛情を受け取って、さらに強くなっていきます。

 

準備しておくものと初期費用

猫をどこから?

まずどこからどうやって猫を迎え入れたらいいか?

譲ってもらうなど、既に決まっている方もいると思います。また、飼いたい品種があるとか、人気の猫ちゃんが欲しいということであれば、ブリーダーやペットショップなどのペット販売店へ通うことになります。

もし、そうでなければ、

保護された猫を、里親として迎えるという手もあります。

 

猫の迎え方で、初期費用は大きく変わってきますが、次に猫の迎え方によるメリットや費用について紹介します。

 

ペット販売店で購入する

ブリーダーで購入
ショップで購入

ブリーダーやペットショップで購入する場合、価格は、猫の品種や年齢、

またショップにもよりますが、数万円から数十万円まで様々です。

購入する場合のメリットは、好みの子を選ぶことができるところや、ショップから飼育環境やフードなど育てるうえで必要なことを相談できることでしょう。

もし人気の猫や値段について知りたい方は、以下を参考にしてみてください。

 

関連記事:【2021年版 最新猫ランキング】人気猫の価格、飼いやすさは???

 

保護猫を里親として譲り受ける

★保護猫を迎え入れられるところは、

自治体の愛護センターや保健所
NPO団体
猫カフェ

里親募集を行っているのは、各都道府県ごとの「動物管理センター」や「保護センター」となどです。

その他、NPO法人などの保護シェルター(施設)やペットショップや猫カフェでも募集していたり、譲渡会なども開かれます。

譲渡の際には、~3万円程度の手数料がかかるところもあります。

購入する場合と異なるのは、飼うための条件が厳しいことなんです。

理由は、再び施設に戻ることがないようにという配慮からです。

 

里親募集による譲渡までの流れ・条件は、以下記事を参考にしてください。

関連記事:【猫を迎え入れるには】里親募集で探してみる

 

迎え入れる前に準備するもの

迎え入れる前までに準備するもの(一般的な商品)とその費用をご紹介します。

キャリーバッグ

created by Rinker
¥2,180(2021/09/15 13:12:14時点 楽天市場調べ-詳細)

 

猫フード

 

初めは、迎え入れる前に食べていたフードと同じものを準備します。

水飲み・フード用の食器

 

幅の狭い皿はダメ。ステンレスや陶器などあり。水飲みは複数配置するとよいです。
なるべく直置きよりは首を曲げすぎない高さがあるものがおすすめ。

 

トイレ(ケース本体)

created by Rinker
¥1,680(2021/09/15 15:57:26時点 楽天市場調べ-詳細)

 

ハーフカバー、フルカバーなど。目立たない場所ならハーフでOK。

おすすめはシステムトイレです。

 

トイレの砂

created by Rinker
¥1,447(2021/09/15 15:57:26時点 楽天市場調べ-詳細)

 

猫砂は必須。初めは迎え入れる前に使っていたものと同じもので。

ブラシ

 

短毛でも必須です。毛玉で吐くことを極力減らすために。

爪とぎ

 

壁やソファー絨毯を傷めないためにも、何カ所かに分けて。

キャットハウス(ベッド)

 

あたたかいドームタイプがおすすめ。柔らかいクッション付きで大きすぎないものを選びましょう。

猫じゃらしなどおもちゃ

 

定番の猫じゃらし。小さすぎるものは避けましょう。

ケージ

 

必ずしも必要ではないですが、お客さんが多い家庭や多頭飼いの場合など、あると便利です。なるべくなら2段以上がねこちゃんにはよいです。

初期費用の一例(概算)

※参考商品の価格(最安値を選択)

 準備するもの金額
キャリーバック1,900円 
フード(1か月分)
生後3か月の猫ちゃんの体重1,5kgとして
1日15g×4回 = 60g × 30 = 1,800g/月 程度
1,700円 
水飲み・フード用の食器1,000円 
トイレ(ケース)1,100円 
トイレの砂  400円 
ブラシ  700円 
爪とぎ  200円 
キャットハウス1,600円 
おもちゃ  200円 
ケージ6,500円 
 合計15,300円 

 

猫を飼うときにかかる初期費用はおおよそ1万5千円程度です。
ケージが必要なければ8,800円です。

 

猫と暮らす上で必要なものと費用

迎え入れてから、定期的、継続的に必要となるものと、費用をご紹介します。

  1. フードやおやつ
  2. トイレの砂
  3. 健康診断、ワクチン
  4. 保険料(ペット保険に加入した場合)

 

定期的、継続的に必要となるもの(1年間当たりにかかる費用)

項目単価必要数金額備考
フード1,700円 1220,400円 1袋(2.2kg)/月
おやつ700円 128,400円 20本/月
400円 124,800円 1袋(7l)/月
健康診断14,551円 1回/年※1
ワクチン3種混合4,474円 1回/年※1
保険料3,000円 1236,000円 
シャンプー1,000円 1回/月入れるとして
爪とぎ200円 4800円 3か月に1個
合計90,425円 

※1 日本獣医師会による2015年データの中央値

 

継続的ではないが、必要な項目と費用

項目金額備考
去勢12,652円 ※1
避妊20,986円 ※1
病気やけがによる治療費18,986円 3日分の通院費
ペットホテル1,500円 一泊二日
合計54,124円 

※1 日本獣医師会による2015年データの中央値

 

猫を飼うためにかかる、定期的にかかる費用は年間で90,425円

ひと月に換算すると7,535円になります。

去勢や避妊は一度行えばおしまいです。

病気のリスクや発情によるストレスを減らす意味でも、必ず行いましょう。

 

猫用品でおすすめのものを以下記事で紹介しています。

是非参考にしてください。

猫トイレに関する解説

関連記事:【猫トイレのスタンダード】2021年版おすすめシステムトイレ9種を徹底比較!

 

関連記事:【超便利な猫トイレ】2021年版 おすすめの自動トイレ7選

 

自動給水器の解説

関連記事:【いつでもキレイな水を!】おすすめの猫用自動給水器9選

 

ケージ・爪とぎなどの猫グッズ

関連記事:【実際に使ってみた】猫グッズおすすめを紹介!

 

とっても便利な自動給餌器

関連記事:【便利!決まった時間にごはん】2021年版おすすめの自動給餌器23選

その他にも、たくさんお役立ち記事がありますので、一番↑のメニューから見つけてください。

猫を飼うにあたって注意するべきこと

以下の症状のときには病院へ

  1. 元気がない、食欲がない
  2. 複数回吐いたら
  3. おしっこに時間がかかる
  4. 血尿が出る
  5. うんちに時間がかかる
  6. 下痢、便秘が続く
  7. 頻繁に咳をする
  8. 歩き方がおかしい(足を引きずるなど)
  9. 目やにが多い
★いつもと様子が違うなと思ったら、すぐ病院へ!

 

注意するポイント

ミネラルウォーター

ネラルのうち、マグネシウムが増えてできるストルバイト結石と、カルシウムが増えてできるシュウ酸カルシウム結石により、いわゆる下部尿路疾患となってしまいます。
もちろん猫専用の水は問題ありません。

 

食事はウェットが好きなのでウエットだけ与える?

水分をあまりとらない猫にとって、ウェットフードは下部尿路疾患対策にもなります。
補助的に与える場合は問題ないですが、ウェットのみの場合「総合栄養食」である必要があります。
ウェットフードはコストが高いのと口腔トラブルになりやすいことなどから、
ドライフードの補助として与えることが多いです。

 

牛乳

牛乳の乳糖をうまく分解できずに下痢を起こしてしまう猫がいるので、下痢をする場合には与えるのは止めましょう。
必要な栄養はフードで十分とれているので、たくさんに与える必要はありません。

 

焼き魚や魚の缶詰

猫は魚の匂いが大好きです。
そのため、焼き魚や缶詰を食べさせたくなりますが、人間の食べるものは塩分が多く、猫にとっては腎臓や心臓疾患のリスクが大きくなるため、与えてはいけません。

 

何気なく飾っている植物の中に、猫にとって中毒症状を起こす危険なものがあります。
代表的なものでは、ユリ、キク、アジサイ、バラ、ポインセチア、カーネーションなど観賞用のものなどたくさんあります。
猫の生活空間には飾らないようにしましょう。

 

アロマオイル

鎮静、ストレス抑制、睡眠促進作用など、人間にとって良い影響を与えるアロマオイルも猫にとっては毒になります。
危険なのは、アロマオイルに含まれる植物由来のエッセンシャルオイルです。
研究では中毒による死亡例も確認されています。
アロマオイルンの危険性については下の記事で詳しく紹介しています。

 

猫と暮らすことで何が起きるか?

想像とは違っていること、期待どおりにいかないこと、覚悟すること

一人暮らしでは猫が寂しがるか?

一人暮らしで飼うときの一番の心配事です。
猫は単独で生活する生き物なので、犬よりは寂しがることはないようです。
また、一人暮らしでは静かに過ごせるところが、逆に猫にとってのメリットになります。
それでも2日、3日と家を空けるようでは、それはそれで問題があります。
猫がツンデレといわれる所以・・・普段はツンツンしていても突然甘えたい時がある。
そんな時にはかわいがることができる環境でありたいです。

 

全ての猫がいつでもなつくとは限らない

呼ぶと近くに寄ってきて抱っこをねだってくる・・・
猫はそんなに甘くはありません。
絶対にこちらから無理やり抱っこする、なでるのは止めましょう。
トラウマになって二度と近づいてくれなくなります。
じっと我慢して、向こうから寄ってきたときに、ゆっくり優しくなでてあげましょう。
小さいころから少しずつ抱っこする癖をつければ、きっと人慣れしてくれます。
猫に好かれるための「極意」についてコチラで詳しく解説しています。

猫の運動能力を侮るなかれ!

猫は人間が思っている以上に身体能力に優れています。
侵入禁止のスタンドは飛び越え、上がってはいけないキッチンには、いとも簡単に上ってしまいます。
夜中や不在時、また一人暮らしの方なら、危険なものは猫の手が及ばない引出し、クローゼットにしまうなどの対応が必要です。
例えば、猫の入っていいスペースといけないスペースをスノコなどの柵で分けたり、不在時にはケージを組み合わせた大き目のケージの中に入れておくなど、みなさんいろいろと工夫をしているようです。

 

トイレを失敗するときもある

2か月程度の猫でも、新しいトイレにもすぐ慣れてくれます。
しかし、ある日突然、おしっこをトイレではないところでしてしまったり、ウンチをこぼしてしまったりすることもあります。
決して叱らず、原因を探りましょう。
主な原因として、去勢前のオスの子の場合のマーキングがあります。マーキングの癖がつくと、去勢後でもやってしまう子がいるので、極力適正時期に去勢したほうがよいです。
その他、尿路疾患になると、トイレで痛い思いをするために、他でしてしまうことがあります。
トイレに時間がかかっていたら、すぐ病院へ。
トイレが清潔でない時にいつ他でしてしまう場合もありますので、トイレはマメにきれいにしましょう。

 

ヘンな癖があったりする

猫には壁を舐めたり、床を舐めたり、いろいろな癖があります。
そしておそらくほとんどの猫に見られるのが「トイレハイ」。
猫によって、おしっこの後だったりウンチの後だったりしますが、とにかく突然走り回ったり奇声を上げたり、あまりに急でびっくりします。
理由は諸説あるようで、野生の名残というのが有力なようです。
排泄時は無防備で危険なため、すっきりすることで安心する、あるいはすっきりしたらすぐその場から立ち去らなければならないとか・・・
この癖については、危険が及ばないようならば、温かい目で見守りましょう。

 

初めて毛玉を吐くと、結構ビックリする!

初めて猫が吐くときはビックリしてオロオロしてしまいます。
吐いたものが何であるかを確認して、数センチ程度の毛玉とはっきりわかる場合はそれ以降吐くことがなければ、心配ありません。
毛玉以外のものを吐いたり、繰り返したり、なかなか吐けないような場合には病院へ連絡しましょう。
吐いたものは必ず病院へ持っていきます。

 

夜と朝方の運動会

夜と朝方の運動会は、同じ部屋で寝る飼い主にとっては、かなりつらいものです。
布団の上を走り回ったり、もぐってきたり、頭をつついたり、顔をかんだり・・・
次の日の仕事に影響することも多々あります。
体調不良をきたすようなら思い切って、ケージで寝てもらいましょう。
ケージに入っていても、朝明るくなる頃には「出せ出せ!」とうるさいこともあります。
そんなときはケージをカーテンで覆います。

 

心配する猫

猫は自分の大好きなねずみを加えて、飼い主のもとに持ってくることがあります。
そんな時に褒めてあげると、得意そうな顔をします。。。したような気がします。
さらに飼い主の体調が悪い時に、心配して様子を見に来る子もいるようです。
試しに泣くまねをしてみるといいでしょう。
猫は飼い主との絶妙な距離感を心得ています。

 

スリスリ

その瞬間は突然やってきます。
突然足元にやってきて、体を押し付けてくる。
なでてあげるとニャーニャー言いながら頭をスリスリしてくる。
飼い主としてはたまらない、
一緒に暮らして本当によかったと感じる瞬間です。

 

猫は人間より早く成長する

現在の猫の平均寿命は15歳です。(2019年一般社団法人ペットフード協会調べ)
人間より確実に早く、あっという間にその時がやってきます。
そして、その時の心の痛みは計り知れないほど大きいものです。
最後まで面倒を見ることはもちろんですが、その時のことをしっかりと、覚悟して受け止めなければなりません。

 

猫と暮らすことで人生が変わる

猫と暮らし始めた最初のころ、可愛いらしい姿にメロメロになります。

一つ一つの動きが可愛いらしくて、1日に何度も写真を撮ったり、動画に撮ったり。

いつの間にか赤ちゃん言葉で話している自分に驚いたり・・・(><)

 

でも、1歳になる頃にはもう大人と同じ体重まで成長します。

 

猫のジャンプ力の可能性を追求したくなり、おもちゃの位置を調整したり。

ちゅーるをねだる猫に、ついつい甘やかしてあげてしまったり・・・

いたずらで壁やソファーがボロボロになっても、もうしょうがない。。。

 

猫を飼うことで、性格が穏やかになるという話をよく耳にします。

猫には心を穏やかにする秘密の力があるのではないかと思います。

猫のおかげで争いごとが収まったり、

仕事で疲れても、家に戻って猫の寝姿を見るとイライラも吹っ飛んでしまう。

 

ただ、癒されるばかりでもありません。

あるときは下痢が止まらずに、また別な時は血尿がでて病院へ。

 

そしていつか、

走り回ることが減り、トイレに時間がかかり

ついには動かなくなってしまう。

 

猫を飼うことは、そのときのことも考えなくてはなりません。

冷静に猫に最大の感謝して最期を見届けなくてはなりません。

 

でもその時、それまでの自分の人生が、幸せに満ちていたことに気づくはずです。

大きく変わったと感じる人もいるでしょう。

 

それが・・・1万年も前から人間に可愛がられ続ける理由です。

 

 

おまけ

これは便利!おすすめ猫お役立ち情報

❶  ペットホテル

旅行や出張などで、どうしても家を空けなくてはいけない時、望ましいのは親戚や知り合いに世話をお願いすることですが、
生活リズムが安定する半年以降の猫なら、ペットホテルや動物病院に預けるという手があります。
金額的には2,000円台~5,000円台程度、年々数も増えており、猫専用というところもあったりします。
なお、ワクチンを受けていないと断られるところもありますので事前にご注意を。

 

ペット保険

急に元気がなくなったというとき、躊躇せずに病院に行きたいですよね。
誤飲で手術が必要となったら、20万円を超えることも。
ペット保険は年々増加しており、2020年で15社を超えるそうです。
ペット保険については以下の記事で詳細を解説しています。

 

おもちゃ

リモコンで動くねずみや猫用のもぐらたたきなど近頃のおもちゃは本当にすごい。
ねこじゃらしも自動で動くそうで・・・
しかし、案外電動のものはすぐ飽きてしまう傾向がありそうです。
むしろ飼い主がねずみ付きの紐をひっぱる方がよく遊んだりして。
意外にも反応がいいのは、ちょっと厚めのシャカシャカした袋です。
中にボールやらねずみのおもちゃが入っていればなおよし。
もしかすると、人が動いてる姿に反応しているのでは?と思ってしまうほどです。

 

DIYでキャットウォーク

賃貸物件で猫が飼えても、さすがに壁に釘は打てません。
そんなときは2×4木材とラブリコ、ディアウォールです。
床と天井に突っ張ることで、壁に釘を打つことなくキャットウォークが作れます。
ホームセンターで購入でき、木材もホームセンターで切ってもらえば、案外簡単です。
是非以下記事をご参考ください。

 

システムトイレ

トイレを毎日に清潔にしていないと、猫ちゃんが病気になってしまうこともあります。
固まった砂を袋につめて、ウンチは別にとってトイレに流す。
たくさん猫がいたら毎回処理するのも大変です。
そこで最近の流行りは、システムトイレです。
シリカゲルの猫砂はウンチのニオイを吸い取っておしっこを下にスルーします。
もちろんウンチはトイレに流さなくてはいけないですが、
おしっこは底に敷いたシートに吸収して1週間は交換しなくてもニオイがしません。

 

まとめ

私がここでおすすめするのは、決して「安易に猫を飼うことを助長」することではありません。

できることなら、飼い主を失って保護されている猫ちゃん、ショップやブリーダーで出会いがなくて、途方に暮れている猫ちゃんが、これから飼いたいと考えている人や飼おうかどうしようか迷っている人に見つけてもらうこと。

それによって、一匹でも幸せになってくれればと、願うばかりです。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました
// 使用していないJavaScriptの削除のためのAdsense遅延読込み20210819