【最強おやつ】ちゅ~るよりモグリッチ?評判を徹底的に調査!

食餌と水

 

「モグリッチって?」

 

 

「ちゅ~ると比べて、どうなんだろう?」

 

ペットおやつの代表、といえば「CIAOちゅ~る」

 

ちゅーるの人気の秘密は、

猫の食欲を刺激する香りと味、まぐろやささみ、ホタテ、カツオなどなど豊富なフレーバー、その種類の多さでしょう。

他にも成分調整を行って、年齢別、腎臓配慮、下部尿路配慮など、猫ちゃんの状態に合わせた、様々なタイプから選ぶことができます。

また、ペースト状で水分量が多く、普段あまり水を飲まない猫ちゃんの飼い主にとっては、安心材料にもなります。

 

他メーカーからも、競って似たような商品が発売されている中、

少しずつ、口コミやレビューなど、人気が広がっているおやつ「モグリッチ」

 

「これってどうなの?」

「食いつきは?」

「高そう……」

 

などなど、よくわからないところもあって、実際のところどんなおやつなのか?

できることなら、我が愛猫たちにも、安心安全で品質のいいおやつを与えたい。

そんな思いもあって、口コミの真偽をちゅ~ると比較しながら、徹底的に調査することにしました。

 

スポンサーリンク

ちゅ~るとモグリッチの比較

モグリッチって?成分や特徴をちゅ~ると比較!

モグリッチはちゅ~ると同じ、スティックタイプのペースト状のおやつですが、
じわじわと人気を集めてきている理由が

 

グレインフリー、ヒューマングレード、香料・着色料不使用

 

といった、その品質の高さにあるようです。

実はちゅ~るにも「Pureちゅ~る」というグレインフリーで高品質なタイプも発売されていて、今回はちゅ~るの一般的なタイプだけでなく、高品質タイプとも、原材料やそれぞれの特徴について比較してみます。

 

商品名CIAOちゅ~る(まぐろ)Pureちゅ~る(まぐろ)モグリッチ
タイプペーストゼリーピューレ
原材料まぐろ、まぐろエキス、タンパク加水分解物、糖類(オリゴ糖等)、植物性油脂、増粘剤(加工でん粉)、ミネラル類、増粘多糖類、調味料(アミノ酸等)、ビタミンE、緑茶エキスまぐろ、魚介エキスパウダー(まぐろ、ほたて)、寒天、増粘安定剤(増粘多糖類、加工でん粉)、緑茶エキス水、チキンささみ肉、チキンレバー、タピオカ加工デンプン、増粘安定剤(グアーガム、キサンタンガム)、ヒマワリオイル、タウリン、グルコサミン硫酸、コンドロイチン硫酸
グレインなしなし
香料なしなし
着色料紅麹色素なしなし
成分粗たん白質 7.0%以上
粗脂肪 0.2%以上
粗繊維 0.1%以下
粗灰分 1.5%以下
水分 91.0%以下
粗たんぱく質 7.0%以上
脂質 0.1%以上
粗繊維 0.1%以下
灰分 1.2%以下
水分 91.0%以下
粗タンパク質 5.50%以上
   脂質 0.60%以上
   粗繊維 1.00%以下
   粗灰分 2.00%以下
   水分 90.00%以下
内容量(1本あたり)14g14g14g
塩分濃度約0.4%※
(ナトリウム成分量)
約0.4%※
(ナトリウム成分量)
0.08%
カロリー(1本あたり)7Kcal7Kcal7.14kcal

※いなばペットフードへ、直接問い合わせした際の回答の値。

 

ちゅ~るとモグリッチの違い

原材料の違い

ぱっと見で、大きな差がないように思えますが、それぞれ原材料に違いがあり、

穀物アレルギーの猫ちゃんにとってはうれしい、「グレインフリー(穀物不使用)か?」だったり、猫にとって必要のない「香料や着色料を含んでいるか?」といったところに違いがあります。

 

・グレイン、香料、着色料不使用

「Pureちゅーる」、「モグリッチ」

・グレイン、香料、着色料を使用

「CIAOちゅ~る」

 

塩分濃度の違い

そして、もう一つ大きな違いは、「塩分濃度」です。

商品名CIAOちゅ~る(まぐろ)Pureちゅ~る(まぐろ)モグリッチ
塩分濃度約0.4%※
(ナトリウム成分量)
約0.4%※
(ナトリウム成分量)
0.08%

 

実はちゅ~るには塩分濃度の記載がありませんが、かつて「塩分が多いのでは?」というネット上の噂から、様々なサイトで塩分濃度を実測調査され、それらの測定結果によると「CIAOちゅ~る」の塩分濃度は、0.5%前後であるようです。

実際、製造元の「いなばペットフード株式会社」へ問い合わせをしたところ、「ナトリウムの成分値として、Pureちゅ~るとCIAOちゅ~るは差異なく、測定値で約0.4%」という回答がありました。

ナトリウム成分量0.4%は、一般的なフードと変わらない数値で、「塩分が多すぎる」ということはありません。

一方、モグリッチは「塩分濃度」として、0.08%とかなり低い値ことがわかります。

 

厳密には、ナトリウム濃度と塩分濃度とは異なり、塩はナトリウム(Na)と塩素(Cl)が結びついたものなので、以下のような関係となっています。

食塩量(g) = ナトリウム量(g) × 2.54

参考:日本高血圧学会|ナトリウム量と食塩相当量の違い

 

つまりモグリッチの塩分濃度0.08%は、ナトリウム換算すると0.03%なので、ちゅ~るの1/10以下ということになります。

 

キャットフードの塩分濃度について、以前からいろいろな議論がなされていて、「多いから悪い」、あるいは「少ないからいい」という、明確な調査結果はまだ出ていません。

むしろ、腎臓や心臓などの病気を患っていない猫にとっては、塩分を構成する「ナトリウム」は、健康を維持するために必要な成分とされています。

 

とはいえ、人間でもそうですが、塩分の摂り過ぎはよくない」というのが一般的な見解です。

 

純粋に「おやつ」として与えるのに、塩分は必要か?

少ないに越したことはない、と考えるのは私だけでしょうか。

 

モグリッチの特徴

モグリッチに使われる原材料

モグリッチは、グレインフリー・ヒューマングレード・無香料無着色の「モグニャン」「カナガン」を販売するプレミアムペットフード専門店「レティシアン」が開発した、ピューレタイプのおやつです。

ちゅ~るとの比較表にあるとおり、モグリッチのメイン原材料はチキンささみ肉、チキンレバーで、脂質、カロリーとも低くヘルシーなことと、レバーに含まれるビタミン鉄分など栄養が含まれます。

それ以外にも、サプリメントに使用される、タウリン、グルコサミン硫酸、コンドロイチン硫酸など、おやつを与えながら、猫ちゃんのからだを内側からサポートできるのがうれしいところ。そして、成分のほとんどが水分なので、水分をなかなかとらない猫ちゃんには、水分補給にもなります。

 

増粘安定剤について

食品添加物に敏感な方は「増粘安定剤」が気になるかと思います。

増粘安定剤はとろみをつけるための成分で、モグリッチにはマメ科のグアー豆から作られる「グァーガム」ともう一つ「キサンタンガム」が含まれており、モグリッチのQ&Aによると、自然由来のとろみ成分で安心して与えてよいとされています。
キサンタンガムは、「トウモロコシなどのでんぷんから作られるとろみ成分」……

あれ?トウモロコシってグレイン(穀物)じゃないの???

キサンタンガムは、様々な食品に使われ、ドレッシングやソースのとろみ付けに利用されます。天然発酵によって作られる多糖類「バイオガム」のひとつで、少ない添加量で高粘度を発現するので、最も利用されている多糖類です。また、グァーガムと併用することで粘度がアップし、一般的に組み合わせて使われています。トウモロコシ以外にも大豆のでんぷんを使ったりするようですが、「トウモロコシ」と明記している以上、「グレインフリー」の謳い文句に疑問が……

食品成分について理解に乏しい私は、早速製造元のレティシアンへ問い合わせてみました。

するとその回答は、

キサンタンガムは、トウモロコシのでんぷんを使用しているが、原材料としてトウモロコシではない。そして、このトウモロコシのたんぱく質成分は、発酵によって別の物質に分解されるので、トウモロコシ本来の成分としての残渣はない。

つまり、増粘安定剤として使われる際には、もはやトウモロコシではなくなっているんですね。

 

ただし、トウモロコシに対して過敏なアレルギー反応がある場合は、使用前に獣医師様に相談することやご使用を控えていただくことをおすすめいたします。

との注意も。

あくまでも、使われている原材料を包み隠さずに明記していたんですね。

とはいっても、私のように重箱の隅をつつきたくなる人もいるのでは?www

 

これらの原材料はどれも、人間が食べても問題のない品質基準で作られる「ヒューマングレード」で製造され、原材料や添加物など、普段から猫ちゃんの食べ物に気を使われている飼い主さんには、絶対オススメの品質です。

 

・グレインフリー(穀物不使用)
・香料・着色料・人工調味料、保存料不使用
・すべての原材料がヒューマングレード(※)
・タウリン、グルコサミン、コンドロイチンといった健康成分配合
・塩分濃度がたったの0.08%

・内容量:14g × 14本 × 3個セット
・通常価格:3,168円(税込)
 ※タウリンとグルコサミン硫酸はヒューマングレード以上の「医薬品レベル」

参考:食品開発ラボ|キサンタンガムとは

 

モグリッチを一番お得に購入するには

モグリッチの購入方法や購入先

モグリッチキャットフードはamazonやyahooでも購入できるのですが、2021年11月1日現在、楽天の取り扱いはありませんでした。それぞれの価格は以下の通りとなっています。

モグリッチ(14本入り3個セット)

公式サイトamazon楽天yahoo
3,168円(税込)3,872円(税込)6,147円(税込)

2021年11月調べ

公式サイトが最もお得に購入できます。

↓モグリッチ公式サイトはこちら↓
モグリッチ

 

モグリッチをお得に~定期購入や解約の仕方

お得な定期購入について

モグリッチの、購入金額は上で紹介した通り、14本入り3個セット(42本):3,168円です。

 

これを、定期購入することで、お得な割引が適用されます。

1セット10%off(税込 2,851円)
3セット以上 15%off(1個当たり税込 2,692円)
7セット以上20%off(1個当たり税込 2,534円)

また、送料も704円かかるところ、まとめて4セット以上(税抜10,000円以上)購入すると無料となります。

定期コースのお届けの周期は「1週間ごと」から「13週間ごと」まで1週間単位で設定でき、またお届け個数も自由に選べます。

変更も「次回お届け日の7日前まで」に連絡すれば、対応可能です。

 

↓最安値でモグリッチを購入するには公式サイト↓
モグリッチ

 

解約・退会の仕方

解約は「次回お届け日の7日前まで」に連絡すれば、いつでも解約できます。

解約してからでも、お届け日の7日前までの連絡で、すぐ再開することも可能です。

 

まとめ

よくちゅ~るとモグリッチはどっちがいいか?と比較されますが、品質的にはモグリッチだと思います。

ご褒美としておやつを与えるのに、どうしても躊躇してしまうのは、やはり猫ちゃんの健康を考えてのこと。

愛猫の健康のために、また少しでも罪悪感?をなくすためにもwww

安心して与えたえられるものがよいと考えます。

 

プレミアムフードを考えている飼い主さんへ、以下の記事で6つのプレミアムフードについて解説しています。ぜひ参照ください。

関連記事:【本当によい食事って?】2021年版 おすすめのプレミアムキャットフード6選

 

猫ちゃんにとって、本当に良いものとそうでないもの。

飼い主さんがしっかりと見極めることが大切だと考えます。

↓モグリッチ公式サイトはこちら↓
モグリッチ

コメント

タイトルとURLをコピーしました
// 使用していないJavaScriptの削除のためのAdsense遅延読込み20210819