【ペットの爪に強いソファ】「レザーテックス」を検証してみた

生活環境

猫ちゃんワンちゃんを飼い始めたら、

ソファにひっかき傷がつくのはしょうがないよ。

と、あきらめてしまったり・・・

 

どうせ新しく買っても、すぐまた傷がついちゃうし・・・。

新しいソファを買うにも躊躇してしまいますよね。

 

 

傷に強いソファって、ないのかなぁ・・・。

 

 

「猫を飼っている以上、ソファがボロボロになるのはしょうがない・・・(><)」と、半ばあきらめの境地からも、いろいろと調べてみたところ、こんなモノが見つかったんです。

 

さまざまな耐久試験をクリア、引き裂きや引張り、汗による変色に強い新素材。

レザーテックス / LEATHERTEX

 

実際に購入して、検証した結果を紹介します!

 

スポンサーリンク

爪とぎ傷の悩みは尽きない

ペットを飼っていると、爪による部屋の傷はどうしても避けられない悩みです。

床だけでなく、壁、ソファへのダメージが大きいです。

床にはカーペットを敷き壁には壁用の透明保護シートを貼ったりソファにはソファカバーをかぶせる

 

猫ちゃんの場合、対策としてあちこちに爪とぎを配置するんですが、

”あえて”、いや、”わざと”、爪とぎのないところで「ガリガリ」するんですよね・・・。

 

しょうがないから、ソファにカバーをかけることになりますが、

  • そもそも、気に入って購入したデザインのソファが隠れてしまう😞
  • ぴったりサイズのカバーや、好みのデザイン、カラーのカバーがなかなか見つからない😞
  • ソファカバーって、すぐずれません??😞

 

かといって、カバーを掛けずに、むき出しにしておくと、

  • 高価な本革ソファの革がはがれた😭
  • 多少傷がついてもいいように安価な布素材にしたら、ズタズタになった😭
  • 比較的丈夫!と薦められた合成皮革がボロボロに😭

悩みは尽きません・・・

 

猫の爪に関連して、「爪の切り方のコツ」「オススメの爪切り」、そして「実際に使ってみておすすめしたい爪とぎやその他グッズ」について、以下の記事で紹介しています。
こちらもぜひご参考ください!
関連記事:【猫のつめ切りどうしてる?】上手に切るポイントは5つ最強の爪切りの紹介はこちら!
関連記事:【SUWADA nekozuki 猫用爪切りレビュー】職人技に驚いた 
関連記事:【実際に使ってみた】猫グッズおすすめを紹介!

革製ソファからのレザーテックス

わが家では、少しでも傷が目立たず丈夫なソファを!という思いで、当時は比較的傷に強い、牛革ソファを使用していました。

革の厚さは1.4mm、厚さ的には中クラスくらいだと思います。

 

1年たたずに傷がつき始め、2年目には傷口から少しずつ革が剥がれだし、

3年目から剥がれが目立ち、ボロボロに…

とうとう4年目からは、ついにソファカバーを付けざるを得ない状況に・・・。

カバーを外せなかった以前のソファ。実は左側の黒い椅子もズタボロ・・・ww

 

とにかく気に入ったソファをそのまま使いたい!という一心で、強度的に強い素材のソファがないか探していました。

いろいろリサーチしたところ、「レザーテックス」という素材がヒット。

「傷や汚れに強そう」ということで、事前調査はもちろん、まずは”実際に売っている店にいって手触りや座り心地色などをチェック”してきました。

チェックしたときのイメージは、

  1. パッと見は一般的な合皮よりもレザー感あり
  2. 触ると布のような温かさとスウェードのような触り心地
  3. でも布ではない。

そこそこ、好感触でした。

 

そしてついに2019年の6月に購入しました。

レザーテックスの特徴

関家具のRELAX FORM/リラックスフォームとは

レザーテックスは、1968年創業の福岡県大川市にある家具の総合商社「関家具」のブランド【RELAX FORM/リラックスフォーム】が開発した新素材のことです。

関家具のオフィシャルサイトによると、

「ナチュラルレザーの表情と柔らかい感触を実現し、機能性に富んだ『革でも布でもない新素材』」

とされています。

 

 

レザーテックの主な特徴

  1. 革や合皮のような、冬のひんやり感がない
  2. べたつきがない
  3. 布のように通気性がいい
  4. ひび割れない
  5. 変色しにくい
  6. 汚れがめだたない
  7. 手入れがほとんど必要ない
  8. ウォーターリペレント(撥水性)

 ※ウォーターリペレントは防水と異なり、個体差が生じる場合あり。

 ※撥水機能のないタイプもあるので購入時には要確認です。

マイナス面の口コミを探してみると、風合い、高級感がレザーには劣る。」というところと、バリエーションが少ない。」というのが挙げられています。

ただし、質の高級感についてはあくまでもレザーではなく、コストもレザーに比べて圧倒的に抑えられていることからもやむを得ないところかなと。

バリエーションに関して、質感・風合いの違いで、ナチュラルレザーの表情と柔らかい感触を再現した「レザーテックス® アニリン」と、さらに上質な厚革の風合いをリアルに表現した「スーパーレザーテックス」2タイプに分けられ、製品ごとに数種類のカラーバリエーションを備えています。

 

強度的な特徴については、日本工業規格(JIS規格)の家具の様々な耐久試験をクリアし、摩擦や紫外線変色、引き裂きや引っ張り、汗による変色に対して強いことが証明されています。また、熱がこもりにくい通気性能も持ち合わせています。
合成皮革や、革にごくまれに発生する表面が剥離してしまう心配もございません。

ただし、関家具では以下の注意文をホームページ内に記載しています。

引っ掻きには対応しておりません。ご注意ください。

あくまでも「耐久性が高い」のであって、「絶対に傷がつかないわけではない」ところを理解するべきです。

 

レビュー報告 感想・傷の状況やおすすめのポイントなど

我が家の使用状況

我が家には2匹(♂♀)の猫がいます。

共に12歳ですが、ダイニングテーブルやキャットウォークからジャンプするとちょうどいい位置にあるので、頻繁にソファの上を行き来しています。

ただし、ヨタロウ(♂スコティッシュ)はそれほどソファに対して爪とぎをすることは少ないのですが、ショコラ(♀アメショ)がソファ背面に爪とぎしてしまうため、購入して半年は念のため透明シートを下げていました(写真1)。

 

【写真1:初めのころの、背面の傷防止シート】

 

ところが、この爪とぎ防止の透明シート、固定するための両面テープの跡が残ってしまいました・・・自分のミスとはいえショック!!😣(写真2)
★絶対にテープを貼ってはいけません😭😭😭
そもそも、背面シート以外の角でガリガリしてましたから、まるで意味なし!🤧

 

【写真2:ショック!両面テープの跡】

背面の傷防止シートを張り付けたときの、ショッキングな両面テープの後…しかしこの後、クリーナーによって奇跡が起きました!

 

実際に使ってみた感想

北海道では、レザー素材、合皮素材だと、冬場の冷たさを感じるため、座面にウールのマットやシートを敷いていました。

でも、レザーテックスはまるで必要ありません。

そして、傷に強いと感じるのは、爪とぎされた後です。

購入当初つけていたシートを外し、今ではとぎ放題・・・。

結構、ガリガリと音がするので、背筋が凍る思いなのですがw、表面が荒れる程度でした。

大きな傷にはなっていないとは言え、さすがに生地ですから、同じ個所を繰り返し爪とぎされたら、穴が開いたり傷は付くものとと認識しておくべきです。

あくまでも、傷がつきにくい、耐久性が高いという理解です。

 

使ってみた感想、結果のまとめ

以下に使ってみて感じたこと、結果について挙げてみました。

プラスポイント

  1. 明らかに革製布製に比べて、傷の耐久性が高い!今のところ大きな傷はなし傷は随時アップデートします(参照)。
  2. 以前の革素材では冬時期に冷たくないように、座面にファーシートを敷いていましたが、冷たくないので必要なし。
  3. 素材のデザイン、風合いはレザーほどではないにしろ、まったく不満なし
  4. 触り心地がやわらかい。バックスキンのような感触

 

マイナスポイント

  1. 猫の毛が付着します。色的に目立たないので、近づいてから気づくことが多い(写真3)。
    コロコロカーペットクリーナーは必須です。
  2. 猫の足跡(肉球跡)が付く(写真4)。
    →素材の毛並みによるようです。もちろん表面をなでれば消えます。むしろ肉球跡がかわいい?😸
  3. 完全に撥水でない。
    多少の水分は、ふき取りでOKですが、ジュースや水をこぼした後のふき取りは革製よりも気を使います。猫たちがソファの上で首を振って唾を飛ばしたり、舐めたりしたときは、すぐふき取り、今のところはシミにはなっていません

 

 どうしても素材的に猫の毛はついてしまいます。

【写真3:猫の毛】

 

 これは、デメリットというべきか??こんな感じに肉球のあとが…☺

【写真4:肉球の跡】

 

レザーテックスのおすすめポイント

というわけで、レザーテックスのおすすめのポイントをまとめました。

  1. 間違いなく、これまでのどのソファより傷はつきにくい。
  2. 座面がひんやりしない。
  3. 新素材ならではのおしゃれな風合い。
  4. 汚れに強い。目立たない。
  5. 手入れが簡単。

 

レザーテックス製品の取扱い店

レザーテックス製品の取り扱いのあるネットショップ2件を紹介します。

ショップ名 e-casa FLYMEe
ソファを中心にしたインテリア専門店 正規取扱ブランド数、商品規模ともに日本最大級の家具通販・インテリア通販サイト
取扱い RERAX FORM正規取扱店 RERAX FORM正規取扱店
レザーテックス取扱数(2021.7月現在) 80件 36件
特徴 ネット通販では珍しく、配送だけでなく、家の中までの搬入・組立・設置・ゴミの処分まで込み価格。 商品によりフライミー独自の保証あり。ソファーやテーブル、ベッドといった家具だけでなく、照明や食器、雑貨、時計、デザイン家電など様々なアイテムの取り扱いあり。

※RELAX FORM製品にはファブリック(布製)などの製品もありますので、ご注意下さい。

レザーテックス製品はこちらからも確認できます。

created by Rinker
¥192,500 (2021/08/02 19:27:16時点 楽天市場調べ-詳細)

 

レザーテックスのメンテナンス

もちろんレザーのようにクリームを塗る必要はありません。

基本、ごみや毛を見つけたら、コロコロか掃除機で吸うだけです。

メンテナンスというほどのことはないですが、レザーテックス開発元の関家具から、メンテナンス用レザーテックスクリーナーとレザーテックスプロテクターが販売されていて、使い方は簡単です。

汚れた箇所にクリーナーをスプレーし、付属のクリーニンググローブをぬるま湯に湿らせてふき取ります。

シミには付属のスポンジにクリーナーを吹き付けて、たたいて押さえ、キッチンペーパーでふき取ります。

汚れがおちたら、表面保護のためにプロテクターを吹き付けるだけ。

 

この125mlのボトルで3人掛けソファー1回分のお手入れができます。

レザーテックスケアキット
created by Rinker

 

購入してからの、ガチな傷の状況(随時アップデートします)

2020.11月アップデート

完全に自分のミスで起きた、両面テープの跡・・・

⇒その後、クリーナーを購入し、ある程度まで消すことに成功!(写真5)

期待以上に目立たなくなりました!

 

【写真5:両面テープの跡をクリーナーでふき取った後】

クリーナーのおかげで、ほぼほぼ目立たないくらいまでテープ跡を消すことができました。

 

2021.3月アップデート

2021年3月11日現在、1年9カ月たって、表面の傷が見えてきました。

あえて目に留まる傷を選んでいます。

まぁ、遠目ではこんな感じ(写真6)、ほぼわかりません。ちなみに色の濃いところが斑模に見えますが、デザインです。

【写真6:ソファ背面】

 

拡大するとこんな感じ(写真7)。

さすがに爪痕による、毛羽立ちがわかりますね。

【写真7:ソファ背面拡大】

 

ショコラのお気に入りは「ソファの角」です。

爪とぎしやすいところですね。

【写真8:ソファ右手前角と右奥角】

 

それぞれの拡大の写真です。ガリガリの頻度が多い箇所のわりに、背面ほど毛羽立ちはわかりません。

ただ、この後は縫い目の糸がほつれることが心配。

【写真9:角の拡大】

 

2021.7月アップデート

2021年7月10日現在、購入後2年が経過しました。

ショコラの「お気に入り爪とぎ箇所」の傷が極端に進んではいないようです。ただ、気持ち程度、毛羽立ち範囲が大きくなったかな?という感じ。

ショコラが爪とぎを一か所に集中させずに、広い範囲でやっているせいでしょうか(^^

カメラの映し方で、光の加減や角度が違ってるんですが、前回2021年3月時と比較してみます。

 

【写真10:ソファ背面比較】

 

【写真11:ショコラのお気に入りポイント!後ろ角の比較】

 

【写真12:ショコラのお気に入りポイント!手前角の比較】

 

【写真13:2021年7月時の全体写真1】

【写真14:2021年7月時の全体写真2】

 

まとめ

2021年7月で2年がたち、メーカーが言うとおり、引っ掻きによる毛羽立ちや傷はあるものの、今のところ大きなダメージはありません。

少なくともこれまでの布製、革製のものと比較すると、耐久性は申し分なしです。

 

わが家の猫2匹の年齢が12歳ということもあり、遊び盛りの元気な猫ちゃんや、たくさんの猫ちゃんがいる家庭での使用では、傷や汚れがまったくなくなるとは断言できませんが、少なくとも、今までのソファでは考えられないほどの耐久性だと思います。

あえて言うなら、手や肉球の跡がつきやすいことと、毛がつきやすいことですが、布製と同じか、または布製の生地によっては、それよりは取りやすいかもしれません。
コロコロカーペットは必須です。

 

また、撥水性に関して、

実は先日、ヨタロウがソファの上で吐いてしまいました。

すぐにキッチンペーパーで拭き取り、すぐに中性洗剤をしみ込ませたタオルで軽くこすり取っては見たものの、臭いが取れない…

そこで、我が家にある「スチームクリーナー」+「ファブリーズ」で、2回目で臭いがなくなりました。

シミは全く残りませんでした。

もし、猫ちゃんワンちゃんによる、汚れが気になる方は、「スチームクリーナー」があると便利かもしれません。

 

その他、話の方向がずれてしまうかもしれませんが、

我が家では、以前使っていたソファの足が長く、猫たちが「ソファの下に潜る」ことが多かったんです。

ちょっと考えすぎかもしれませんが、万が一足が壊れてしまったら・・・と想像してしまい(^^;、ちょうどその時のソファは足を外すことができたので、床に隙間ができないように使用していました。

新しいソファも、足の短いタイプに決めました。

RELAX FORMブランドだと、”アマンダ”、”インプレーサ”、”エオリエ”、”ベレーザ”、”トレビソ”などが該当するようです。

created by Rinker
¥192,500 (2021/08/02 19:27:16時点 楽天市場調べ-詳細)

 

この先、まだまだ猫と暮らしていきますが、今度も気づきがあればアップデートしていきます!

 

その他にも、猫ちゃんの爪切りのコツ猫の病気・健康おすすめの療法食、などのお役立ち情報や、猫にとって危険なもの、他にも猫の歴史や不思議な生態などなど・・・猫についていろいろと解説、紹介しています。
ご興味のある方は、下の関連記事、または一番上のメニューからアクセスいただけると嬉しいです!

 

上に戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました